チアシードは毒があるの?

MENU

チアシードは毒があると聞いたけど、その真相は?

チアシード 毒

チアシードは糖質制限をしたり、ダイエットをしたりする時に役に立ち、尚且つ食物繊維もしっかりと取れてスーパーフードとして注目されていますが、副作用も当然あります。
毎日食べているけど本当に大丈夫?と疑問に思っている方のためにチアシードの副作用や毒などを紹介したいと思います。

 

チアシードは見た目から分かるように植物の種子になります。

 

チアシードの発芽毒が必ず身体に悪いという研究結果やデータはあまりありませんが、もしもの事がありますので直接食べたり、食べ過ぎたりしないようにした方が良いでしょう。

発芽毒って何?

そもそも発芽毒というのは、種子が外からの攻撃を守るためのものなのです。
種子は発芽を行なう季節まで内部で栄養を貯めて待っているのですが、その間に外部の敵に食べられないようにするために発芽を抑えています。

 

その発芽や細胞を抑えている物質がアブシジン酸と呼ばれるもので、アブシジン酸はミトコンドリアに対しての毒となっているのです。
ミトコンドリアは身体の代謝に関わる細胞であり、エネルギーを発生させるために大切なものになります。
このミトコンドリアが攻撃されてしまうと、免疫力が低下したり、太りやすくなったり、冷え性になったり、疲労が溜まりやすくなったりと悪い影響が多くでます。
そういうこともあって発芽する前の種子を食べるということは、とても危険と言われ、生で食べるのはオススメできないのです。

 

チアシードを食べる際の注意点

チアシード 毒

それなのにチアシードをそのまま食べていても大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、商品として売り出されているものは無毒化しているからです。
無毒化の方法は量の10倍の水につけておくだけでアブシジン酸の悪い影響がなくなりますので安心して頂けるのです。
ですから一度でも水に戻さないと危険なものである可能性が高いので、研究で必ず悪いデータがないからといった生で頂くことないようにしてください。
さらに一度も水に戻していないという事はお腹の中で水分と混ざって膨張してしまい苦しくなるということもあります。

 

もう一つ注意点があるとすれば、水ではなく熱湯につけるのは止めてください。
熱湯につけると大切な栄養素が逃げてしまい、尚且つアブシジン酸の悪い影響が残ったままになってしまいます。
水につけたものを食べたくないという方も多いかもしれませんが、そのままの物を食べるのは危険な行為になりますので注意しておきましょう。

 

次に食べ過ぎの問題ですが、多量に摂取しない限りは基本的には大丈夫です。
食物繊維を気軽に摂取するために頂く方が多いと思いますが、他の食品と同様に食物繊維を摂取し過ぎると逆に便秘解消のつもりが便秘を悪化させてしまったというケースがあります。
食物繊維でも不溶性のものを多く含んでいますので便を固くする役割ですから少しの量でお腹を満たせるからといって食べ過ぎないようにすることも大切です。

 

まとめ

このようにチアシードは発芽する種子になりますので玄米と同じように発芽毒の可能性があります。
ですから少しでも危険性を避けるために水につかしてから食べるようにして、食べ過ぎないようにしてください。
毎日準備するのが大変、水につかしたものを食べたくないという方はスムージー等もありますので色んな方法で摂取されるのも良いでしょう。
しっかりと方法を守って摂取すれば悪影響はなく身体に良いものなので、美容や健康のためにも考えて摂取するようにしてください。

 

 

 

 

↓チアシードでのダイエットに最適な食べ方とは?↓

 

 

 

 

チアシード 食べ方 ダイエット