チアシードの保存方法【その保存方法は危険かも?】

MENU

チアシードの上手な保存方法とは?

タイガーナッツ 保存方法

ミランダ・カーやローラなど、海外セレブを筆頭に人気が高まった「チアシード」

 

「スーパーフード」「ミネラルフード」とも言われるチアシードは現代人に必要な栄養素が多く含まれており、水とチアシードがあれば生きていけると言われる程です。

 

無味無臭でどんな料理にも合うチアシードはヨーグルトやスムージーに入れても飲めるので「置き換えダイエット」にも最適と若い女性の間でとても注目されているんです。

 

 

今回はこのチアシードの正しい保存方法についてご紹介します。

チアシードを長持ちさせるコツ

タイガーナッツ 保存方法

チアシードの大敵、それは「湿気」です。

 

南米の乾燥した地域の植物なだけあって、湿気に弱く、
場合によってはカビが発生してしまう可能性もあります。

 

日本で販売されているものはシリカゲル(乾燥剤)が同封されており
比較的保存しやすいですが、

 

一番効果的な保存方法としては密閉性の高い容器に入れ、陽の当たらない暗くて涼しい場所に保管しておくことをおススメします。

 

例えば、100円均一などで売られている保存容器にシリカゲルと一緒に
入れ、冷蔵庫で保管すると長持ち出来ます。

 

チアシードの保存期間

タイガーナッツ 保存方法

乾燥したままのチアシードであれば約4年はもちます。

 

ですが、水に戻した状態のチアシード(チアジェル)だと保存期間は約2週間です。

 

チアシードはそもそも「種」なので、あまりに長期間水に浸しておくと発芽してしまうのです!

 

 

チアシードに含まれる栄養素はとても繊細なので、なるべく早く食べるように
してくださいね♪